読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タコカバウータン

えらそうなことを言っていても気が小さいです。褒められて伸びるタイプです。

岡田将生の毒気にオノマチもかすむ『謝罪の王様』

映画

謝罪の王様 [Blu-ray]

帰りの機内で見ました。

そう、エア・アジアじゃないから、映画も見られるぞ、シンガポール・エア。

エア・アジアじゃないからお酒も出るぞ、エア・アジアじゃないから機内食も出るぞ、エア・アジアじゃないから……のフレーズがちょび流行った我が家。

 

舞妓Haaaan!!!』『なくもんか』に続いて、脚本宮藤官九郎、監督水田伸生、主演阿部サダヲのトリオが放つ、第3弾。って全部観てるぞ、我が家。きっとビィ君は阿部サダヲ・ファンなのだと思う。前2作、ケーブルテレビの録画をブルーレイから消去せず保存、の決定を下したのは彼でございます。

 

機内で観るのにちょうどいい、楽しい作品でした。

阿部サダヲって、初めて見た頃は、なんか猫娘みたいな顔で妙に滑舌がよくて逆撫で系に嫌味で……ってのにどんどこ慣らされてしまって、もはや確立されたサダヲ・ワールド。押しも押されぬ主演俳優。

なので『謝罪の王様』もサダヲあってのサダヲ映画なわけだけれども、サダヲがドーンとメインを張っていればこそのキラ星キラ星。

の中でも、ひと際鈍感力の毒気にきらめていてたのが

あの☆岡田将生☆だぁ。

チャラバカ男演技で美貌を消し去る力技。かの尾野真千子が普通に見えました。

ま、オノマチ普通な役なんだけど。

あと、マンタン王国の通訳役の濱田岳がつくづくヘンです。

がむばれ、若手俳優のみなさん。そうだ、井上真央も悪くなかったぞ。

 

ケーブルテレビで放映の際には録画してまた観たいと思います。

そしてきっとビィ君が「保存!」の宣託を下されることでせう。

 

オマケ : 三浦春馬(この映画には出ていません)のお色気スイッチ、on/off 力がすさまじいなと思う今日この頃。ずっとお色気全開よりよっぽど魔性だわ、怖っ。