読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タコカバウータン

えらそうなことを言っていても気が小さいです。褒められて伸びるタイプです。

トイレ本 富士日記(下)

富士日記〈下〉 (中公文庫)

 

トイレ本というのは、はっきり言って

トイレでうんちをしているあいだに読む本です。

わっ、文字にするとなんだか、わっ、だな。

富士日記』は上中とトイレで読了。

かなり期間をおいて目下、下。

日記ってトイレ本に向いてるんですね。

一日、一日、記述が独立しているからキリがつけやすい。

うんち中に読む本だからって

なんか、ないがしろ、とか、自分の中で格オチとか

そういうんじゃありません。

むしろこまぎれ読書が向いている本、っていうのかな。

富士日記』は最初読みだした頃は

本当に淡々とした記述の羅列で

作家の嫁なのでときどき有名人が登場するだけじゃないかい

なんでこんなに持ち上げられるんじゃい

と思ったりもしたけど

読み進むうちにじわじわ〜っと百合子マジックの虜に。

今では、さあウンチだ、『富士日記』読めるぜぃ状態。

で、今朝のとこ。

昭和四十五年五月四日

武田百合子は片脚を折ったようすの小鳥を拾います。

 

夜、又鳥に餌をやる。とても残忍なことをしている気持ち。いい気持ち。鳥は時々、丸い黒い光った目をあける。

 

五月五日

前五時半に起きる。鳥は麦わら帽子の中で死んでいた。棄てる。

 

すごっ。真似しようったって、真似できない。