読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タコカバウータン

えらそうなことを言っていても気が小さいです。褒められて伸びるタイプです。

種村季弘の眼 迷宮の美術家たち

f:id:hirokikiko:20110817080559j:plain

今道子さんのポートレイト素敵です。

 

行ってきました、クソ遠いぞ、板橋区立美術館

埼玉の川口より時間かかってお金かかるって、どういうことっすか?

同じ東京なのに。東京うざし。

いえいえ、文句はいけません。

 

荻窪から新宿に出て山手線の巣鴨で乗り換えて終点!西高島平。ふほっ。

徒歩13分。

こんな↓公園を抜けて

 

f:id:hirokikiko:20141019144759j:plain

 

自虐的な幟

f:id:hirokikiko:20141019144855j:plain

 

正面玄関

f:id:hirokikiko:20141019135213j:plain

 

小ぶりな美術館ですけれど、

元来貪欲なせいか作品をジロジロ見すぎて

でかい美術館では疲れ果ててしまう私ら(ビィ君もそうらしい)

にはジャストなサイズ。

 

こんなん、いろいろありました〜

f:id:hirokikiko:20140710165613j:plain

f:id:hirokikiko:20061119023751j:plain

f:id:hirokikiko:20120924192656j:plain

f:id:hirokikiko:20140710190758j:plain

f:id:hirokikiko:20121220095629j:plain

f:id:hirokikiko:20140624110151j:plain

f:id:hirokikiko:20140904150835j:plain

 

楽しい〜。

四ッ谷シモンの人形は

実物をたぶん初めて見たのだけど

実物は違いますよ〜

抱えて、さらって、逃げたくなっちゃう。

書斎にあんな子のいた渋沢龍彦が羨ましいよ。

 

あと、書簡が楽しくて

渋沢龍彦から来たハガキには

どんどん世紀末っぽくなってきてうれしい、というような内容のあと

結びが〝ルンルン!〟

お、おちゃめだったのね。

武田百合子からの手紙は書評でほめてもらったお礼なのだけど

大岡昇平が新聞の書評でほめられているよと電話で知らせてきて

種村季弘にほめられたことをしきりに羨ましがるようすとか

〝向上心というものが一切ない〟と種村季弘武田百合子をほめた(!)らしいこととか

読んでいてニマニマしてしまいます。

 

そして、最終日(だったの)特典!

図録を買うと種村季弘愛用の落款印を押してもらえる。

f:id:hirokikiko:20141020134523j:plain

むふふふ。

 

帰りは種村季弘『食物漫遊記』中の大好きな「天どん物語」にちなんで

種村氏ゆかりの池袋で天どんを食べました。

ナイスっ!