読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タコカバウータン

えらそうなことを言っていても気が小さいです。褒められて伸びるタイプです。

毎日1本映画を観ようと

仕事が終わって、12月5日にバリへ出発するまでは、ひたすら家の片づけの日々です、恐らく。だから毎日一本くらい映画観ちゃえと思っております。観るものは山ほどたまっているし。ええ身分やのう。人生でいちばん辛い思いをしているので、許してちょんまげ。明日なき暴走。

 

危険なメソッド

f:id:hirokikiko:20151110223230j:plain

フロイトユングの確執に、女性患者がはさまってくるんですけど

キーラ・ナイトレイが心ゆくまで芝居しまくってる映画

という印象しか残らなかったわ。

キーラはすごし。患者時代(のちに回復)の精神的プレッシャーのかかったときの

チンパンジー顔が強烈。まっことチンパンジー。

キーラ、自分が美人とかどうとか、あんまり気にしていないのでは。

ちなみに何かのインタビューで「胸を出すのは全然平気」と語っていて

その理由が「小さすぎて誰も気にしないと思うから」でした。

下半身は絶対イヤだそうです。本作でも胸はぽんぽん出します。

ちなみにちなみに『パイレーツ・オブ・カリビアン』は脚本家によるとキーラの映画だそうです。私の訳した本に書いてありました。近日発売乞うご期待。

 

f:id:hirokikiko:20151110223241j:plain

f:id:hirokikiko:20151110223317j:plain

イチオー。フロイトユングでござる。

 

『ロッタちゃんと赤いじてんしゃ』

f:id:hirokikiko:20151110224711j:plain

前作も観ていますが

スウェーデンよいとこ一度はおいで、のんびり〜という感じ。

原作リンドグレーンだけあって

ロッタちゃんものびのびと性格が悪い。

 

f:id:hirokikiko:20151110224720j:plain

この枕みたいな豚のぬいぐるみがロッタちゃんの親友なのですが

豚といえば小学校1年生ぐらいのとき

叔父一家と遊園地に行ったら

たまたまペット大集合みたいな催事をやっていて

そこに体長30センチにも満たない小さな子豚が一匹。

ぶひぶひと豚鼻をすりつけてきて

可愛いのなんの。

アパート住まいの我が家で買って&飼ってもらえるわけもないけど

その場を離れがたく、延々ぶひぶひと遊んでいた

ちょび悲しい思い出が……で、というわけでもないのだけど

 

ブタがいた教室 (通常版) [DVD]

やあ、こんなことしたら

結果たいへんなことになるのはわかっているだろう

なのにやっちゃうわけで

しかし、子ブタちゃん、ちっちゃいときほんと可愛いです。

大きくなると、とてもつもなくでかいです。

で予想通りの展開と結末となるのだけど

子供たちひとりひとりがとてもよかった。

わざとらしくなく、せりふがさほど多くない子でも

ちゃんとその子として成立している。

ブタをどうするかの議論のなかでひとりの女の子(とても印象的な子です)が

「命の長さは誰が決めるんですか?」と問いかけるのですが

私はそこでつい、先日我が家で亡くなった人のことを思ってしまいました。

命の長さは誰が、何が、決めるのだろう……

ブタと一緒にするない! と叱られるかな。

ごめんなさい、ぶひぶひ。