読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タコカバウータン

えらそうなことを言っていても気が小さいです。褒められて伸びるタイプです。

スーパー・センチメンタル・ジャーニー 1日目

ダイヴィング合宿 板坂智夫君

朝5時過ぎ起床。

思えば、ひとり旅はもう10年近くしていない。

もうひとり旅をすることなんてないと思っていた。

 

f:id:hirokikiko:20151205215022j:plain

一緒に旅をするのだ。

 

旅慣れているはずのへなちょこががんばって無事飛行機に乗る。

機内では『夢十夜を十夜で』を読み、『脳内ポイズンベリー』を観ました。

よい選択。

 

バリ着。ビザもなくなって、よかたよかた。

思いがけず、同日着のダイヴァー(関空から来た男の子)がいて

明日から一緒に潜ります。

 

f:id:hirokikiko:20151205204402j:plain

レストランの彼の席

 

宿でダイヴ・ショップ・オーナーのTさんが出迎えてくださって

「よくがんばって来ました」と言われて半泣きになる。

私、がんばったのかなー。

 

宿に着くと彼はいつも「帰ってきたでー」とうれしそうに言った。

そもそも何ヶ月も前にチケットが決まった時点から

「もうすぐバリやで〜」と毎日のように言うのだった。

そんなわくわくの一切なかった今回のバリ。

現実感のなかったバリ。

こんなややこしい気持ちでバリに来る日が来るなんてね。

彼のために絶対にしなくてはいけないことだけれど

これをしてしまったら何かが終わってしまう気もする。

 

f:id:hirokikiko:20151205210820j:plain

 

頼み過ぎやがな〜

でも、ひとりでも栄養バランスを取ろうとするとこうなるがな。

宿で働く女性たちの中でも少し年かさの落ち着いた人、とても感じのいい人に

「今回はハズバンドは? ひとりなの?」と訊かれ

「彼はもういないの。死んでしまったの」とたまらず泣く。

「強く生きるのだ」と励まされる。

ありがとう。

 

部屋に帰ってシャワーを浴びようとしたら

水が出ない。

この宿に何十回と泊まっているけど

こんなことは初めて。

不運にも、味があるね、なんだか。