読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タコカバウータン

えらそうなことを言っていても気が小さいです。褒められて伸びるタイプです。

スーパー・センチメンタル・ジャーニー 11日目

ダイヴィング合宿 板坂智夫君

f:id:hirokikiko:20151215110402j:plain

今日のスターは君だ!

ピンクスクワット・ロブスター。

 

かつてバリ人ガイドによって発見されました。

この前テペコンに行った朝、

宿のレストランに派手なじいちゃんがいるなーと思ったら

ダイヴ・ショップのTさんと話していたそのじいちゃんが

私にも「スラマッ・パギ」(お早う)と挨拶して下さったのですが

なんとその方こそがピンクスクワット・ロブスターの発見者

伝説のバリ人ガイドだったのです。

 

本日、テペコン、ミンパン。

早朝ダイヴのイメージが強いのですが

今日は潮が引いているので9時に宿のレストラン集合。宿前ビーチ発。

うちはレストランにいちばん近いバンガローなので

ドア・トゥー・ドア・ダイヴ感満載。

 

1本目のテペコン・トンネルは魚影が濃かった〜。

f:id:hirokikiko:20151215090155j:plain

f:id:hirokikiko:20151215090341j:plain

でも、ワイド撮影はうちのカメラじゃこれくらいが限界(なんだと思う)。

それにけっこう流れて撮影どころでは〜。

 

とトンネルを抜けると

f:id:hirokikiko:20151215091828j:plain

本日のボーナス、オオモンカエルアンコウの黒。

ウォールの壁にひっついていました。

 

ミンパンもワイドな感じで流して。

f:id:hirokikiko:20151215110513j:plain

私に写真を撮られて、「もう、やんなっちゃうよ」な感じを出している亀さん。

 

2本終わってのランチはローカル屋台のナシ・チャンプルーのブンクス(テイク・アウト)

f:id:hirokikiko:20151215133541j:plain

ほどよい辛さが美味しい。

 

f:id:hirokikiko:20151215133708j:plain

そして、ショップで飲むビールがきんきんに冷えていて美味っ!

 

食べる話ばかりですみません。

夕食はまたまたローカル食堂。

f:id:hirokikiko:20151215185402j:plain

かつては屋台だったのですが、立ち退きになったらしくワルン(食堂)に昇格。

地元の人でにぎわう人気店です。

もち、観光客は来ません。っつうか存在を知らないよなあ。

 

f:id:hirokikiko:20151215185323j:plain

メニューは鶏モモ、鶏ムネ、ナマズ、その日のお魚の、4種類の唐揚げ定食のみ。 

これは私の頼んだ鶏モモ。美味しい。

ジュースやらも頼んでの¥200

 

f:id:hirokikiko:20151215194356j:plain

魚の唐揚げも出すのに、

屋台から店舗になってからはなぜか熱帯魚も各種売っています。

子供が欲しそうにじっと見ていたりします。

一匹だいたい¥20くらいだって。

この子はカーディナル・フィッシュ系かな。可愛い。