読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タコカバウータン

えらそうなことを言っていても気が小さいです。褒められて伸びるタイプです。

「イエスタデイ」村上春樹

文藝春秋 2014年 01月号 [雑誌]

 

 東京新聞のコラムに、村上春樹「イエスタデイ」の替え歌にクレームがつき、替え歌部分を大幅削除、とあったので、慌てて図書館から文春を借りてきた。

 小説は、まあ、つまんないです。いつもの主人公にいつもの女(なんだかなあ)、いつもの展開。ただ、木樽君は魅力的! そもそも木樽=ロッテのピッチャーで、キュイ〜ンと懐かしくなっちゃう。別にそのピッチャーに思い入れはないのに。世代のツボですね。生まれも育ちも田園調布なのに、後天的に学んだ大阪市内かなりディープ地区の関西弁をほぼ完璧に話す、熱狂的な阪神ファン木樽君と、彼が作ったヘンテコな〝イエスタデイ〟の関西弁替え歌が、ほぼこの小説を支えている。せやのに替え歌にクレームって、ほんと無粋、無粋の極み。ダサ、ダサダサ、ダサッ。ジョン・レノンも草葉の陰で泣いてるわ。って作ったんポールやん、あっ、こんなやり取り作中にもありました。

 単行本『女のいない男たち』(しかし、なんちゅうひどいタイトル!)

女のいない男たち

 

のまえがきで村上春樹がその件に関して何か書いているらしい。

 けどまあいい。

 私は木樽君の替え歌をしっかり覚えて、お風呂で歌うわ。

♫昨日は

 あさってのさきおとといで

 さきおとといのあさってや

 それはまあ

 しゃあないよなあ♫