タコカバウータン

えらそうなことを言っていても気が小さいです。褒められて伸びるタイプです。

君去りしのち

f:id:hirokikiko:20180921111803p:plain

彼はいったい何回、私にオムライスを作ってくれただろう。あのオムライスが食べたいよ。

 

  いつも楽しそう、と言われて、いえいえ、身に余る不幸なので、と答える。不幸の札をおでこに貼って生きていくわけにもいかない。

 あの頃は毎朝、目を開いた瞬間から不幸だった。悪い夢でした、ちゃんちゃん、とはならない。病状は日々、ほぼ直線的に悪化していく。

 朝、目を開くと先に起きている彼が「相変わらずブサイクやな」とつぶやく。幸せというのは、そういう日常だったのだな。

 ごくごく平凡な悲劇。今この瞬間も世界のあちこちで、医師たちは「もう打つ手は何もありません。余命××です。」と告げている。

 一方で、最後まであきらめない人に奇跡の回復が訪れる、というストーリーが流通していて、諦念も絶望も許されない宙づり。

 しゃがみ込んで「助けて」と叫びたい。でも、誰にも助けられないとわかっている。誰にも助けられない。誰にも助けられない。誰にも助けられない。でも、助けて、助けて、助けて。彼を? 私を?

 何も意味はない。プツンと虫をつぶすように人は死んでいく。死ねば消える。居場所はのこった人の記憶の中だけ。

 人を喪うことは意味を喪うことなのだ。世界は無意味、しんしんと無意味。音がしない。

 世界が少し傾いて戻らない。傾いた世界で傾いた視界で何をすればいいのか。玉はいつもどこかへ転がってしまう。

 人がひとり消えた穴など、たちまちするりと埋まってしまう。今日も世界は進んでいく。時計はチクタク進んでいく。

 エンド・オブ・ザ・ワールドという古いポッブ・ソングがある。恋人にふられて「なんで太陽輝いてんの? 普通に波、打ち寄せてんの? 世界の終わりだぞ、わかってんの?」と怒っている歌だ。改めて歌詞を全部読んでみた。すごい、私の気持ち、丸まんまだ。パンク・ヴァージョンにアレンジしてカラオケでひとりシャウトしたい。掛け替えのないものを喪った人たちが、ひとりひとり狭いブースで、地球の自転を止めんばかりにこの曲をシャウトする光景。

 痛みというものが存在する、ということと、でもそれを共有することはできない、ということと、そしてそれを共有できないということをみんな知っている、ということと。(岸政彦)

 岸さんは最近、長年ともに暮らした猫を亡くされた。

 2011年の夏に父を亡くして、毎朝祈るようになった。無宗教だけれど何もないのもなんなので、花と写真を飾っている。今では祈ることもいろいろ増えた。ろうそくを灯し、お線香をあげて、鐘を鳴らす。まず、彼に四つほど要望を告げる。次に父に詫びる。育ててくれた祖母、可愛がってくれた叔父、会ったことのない彼の母に、呼びかける。難病の友人の治癒を願う。私が食べていけますようにと祈る。おしまい。

 死後の世界があったらどんなにいいだろう。亡くなった人たちはみんな、私に都合よくにこにこしている。

 喪失感の底にうずくまるような状態のときに、いちばん救われた言葉は、まあなんとかなるか、だった。何の根拠もない言葉だけれど、初めて少し心が軽くなった。結果なんとかならなくても、なんとかなるか、と言ってくれた人には、きっとずっと感謝している。

 君去りしのち、というのは確か、ずっと昔に読んだSF短編小説のタイトル。作者も内容も覚えていない。ただ、特に凝ったものでもないタイトルだけが、ずっとどこかに引っかかっていた。

 元気なときから、私より先に死んだら殺す、と脅していたのに、何の甲斐もなく。

 

 たいせつなたいせつな人を失って3年がたちました。ほとんどなにも片づかず、おばけも一度も出てくれず。神も仏も超常現象もないなあ。

 

さざなみのよる

さざなみのよる

 

塾の課題です。

木皿泉のドラマはほぼ全部観ているし、ふたりの生活ぶりを描いたドキュメンタリーはとにかくその本だらけのおうちが好きで、5回くらい繰り返し観ている。ので、小説も楽しみだったのだけれども……

 

自分で考えていたのより百倍幸せだった

  ぐっと上半身を折り、フィンをはいた両脚を高く掲げて、まっすぐ水に突き刺ささる。体がすっと海の中に沈んだら、ゆっくりと力強く水を蹴り、浮力を突き抜ける。五メートルほど潜って、息が苦しくならないうちにまた体を縦にし、今度は光りの差すほうを仰ぎ見て、海面をめざす。

 木皿泉『さざなみのよる』で、ガンで死んでいくナスミは死の間際、自分は井戸の底へと落ちていく石だと気づく。<いや、やっぱり上か。水面は自分のはるか上にあるような気がした。いま、ようやくそこに到達したのだ、水面の上がどうなっているか、まるで想像もつかないけれど、すべすべの自分は、そこを突き破ってゆくのだろう。> ナスミの死は、素潜りで海面に戻る瞬間のようだ。これなら死ぬのも悪くない、よな気もする。

 『さざなみのよる』ではナスミの死というひとつの欠如をめぐって、さまざまな人々の物語が紡がれていく。ナスミはしだいにほとんど神様仏様みたくなっていき、ま、死んだんだから仏様でいいのかもしれないし、いい話がいっぱいだけど、いい話がいっぱいすぎる感もある。むしろなんだか心に残るのは、中学時代にナスミと家出しそこねた清二の <こうやって、昼下がり、ポテトを食べながらコーラを飲んでいる二人が悲しみの真っ只中にいるなんて、そのことについて話しているなんて、誰も知らないのだ> という独白だったりする。不幸でございは人迷惑だから、不幸は簡単に日常に紛れてしまう。

 本書の元となったテレビドラマ『富士ファミリー』の中でとても好きだったのは、ナスミの妹の月子と蕎麦屋で出会った吸血鬼青年のエピソードだ。吸血鬼は今時のお兄さん風で、広々としたマンションに住み、自称〝投資家〟、月子を旅に誘いつつ、自分は実は吸血鬼だと告白して、永遠の命をあげると、月子の首筋を噛みにくる。初心者じゃないから、大丈夫、痛くないからと。月子が拒むと、吸血鬼は本当に驚いて、不思議そうに、目に涙を浮かべて、「噓じゃないよ、永遠の命がもらえるんだよ、後悔するよ」と言う。夫にも今の生活にもいろいろ不満のある月子だけれど「そうかもね。でも、私はみんなと限られた命を生きていくわ」と答える。ここで胸にしみるのは、永遠の命の価値を信じて疑っていなかった吸血鬼の姿。

 死と幸福と不幸をめぐる物語、といえば、人生のすべてのようでもある。格別何者でもないナスミのあまり長くなかった人生が、いろんな人に光りを注ぎ、つないでいく。私も <あの頃の自分に教えてやりたい。あんたは自分で考えていたのより百倍幸せだったんだよって。> そして、人をそのように幸せにできた人の人生は、ナイス・ナイス・ベリー・ナイス(©カート・ヴォネガット『猫のゆりかご』)だと思う。

 

 我ながら奥歯にもののはさまったような文章ですみません。

 話としてできすぎてしまっている感もあるせいか、毛嫌いする人もいて大酷評もありました。そんな中、これは現代の仏教説話、ととらえた方がいて、新鮮でした。

 年配の女性書店員さんの支持が高いそうです。

 ほとんどの人間が格別何者でもない者として生きて死んでいく中、そんな生にも死にも意味はあると、しっかり肯定してくれる物語が求められているんだろうなあ。

私もまた、そういう物語を求めているひとりだろうし。ただ、木皿泉さんはあんまりいい話系に行ってしまうとちょっと、と思ってしまう。ここがギリの感じです。ドラマだとまた違うのかもしれないけれど、小説はこのへんがギリでしょう。

 

ナイス・ナイス・ベリー・ナイスでしかと合っているか調べてみたら(文庫本を即座に発見できなくて)なんと、ヴォネガット本人が歌っているのを発見!


「かりぷそ ボコノン讃美歌第53番」うた:カート・ヴォネガット

砂の女

砂の女 (新潮文庫)

塾の課題です。

けっこういけすかん作家のはずだったのに、意外やおもしろかった。

 

虫採りが虫採られ虫の男

 休暇で昆虫採集に出かけた男が失踪し、七年後、妻の申請により死亡の認定を受ける。実はその男は砂漠の村の穴の底で、幾度か脱出に失敗、現状依然砂掻き中、というのが安部公房砂の女』である。

 男は新種の昆虫発見を目論んで砂漠を訪れ、いとも簡単に野卑な村人の策略にはまって、砂の中に埋もれようとしている家々の一軒の、砂掻き要員にされてしまう。独白の中でさまざまな知識を開陳し、砂についての考察をめぐらせていた理屈っぽい男は、案外まぬけだったのだ。一人前の人間を昆虫みたいに罠にかけて捕らえるなんて、と憤慨するが、もちろん、ああ今まで自分がさんざんやってきたことの報いか、などとは考えない。それどころか、ただ黙々と砂掻きをする家の女の <後ろ姿を、虫けらのようだと思う>。虫けら大好きで、その虫けらのために砂漠へ来てこんなことになったくせに。男は教師なのだが、<教師くらい妬みの虫に取り付かれた存在も珍しい>と語り、水のように砂のように流れ去っていく生徒たちに対し、その流れの底で、教師だけが取り残されると嘆くが、これは囚われた男の現状そのままだ。女のさそいを<食肉植物の罠>と感じる男は、まさに虫である。もう虫決定。

 じゃあ、女はなんなのだろう。村人からは婆さん、と呼ばれていたが、男の見立てでは30前後だ。最初の朝の、顔に手ぬぐいをかけて全裸で寝ている姿、天井から漏れ落ちる砂に覆われた裸身の曲線は、まさに砂丘だろう。物語の中盤では村人から〝おかあちゃん〟と呼びかけられている。餌の虫を捕らえて若返ったか。妖怪か。男の目には、隷従を隷従と感じず、外界に関心がなく、ただひたすら〝家〟を守ろうとする存在のように映っている女だが、むしろ女自体が変幻自在の砂のようにも感じられる。なにしろタイトル、砂の女。だからこそ、女が穴から運び出されてしまうと、男は逃亡の意志を失ってしまったのかもしれない。(しかし、溜水装置。人は水のみにて生きるにあらず、と男に言ってやりたくなる。)

 そして、もうひとりの女、都会の女、たいてい傍点付きで〝あいつ〟と呼ばれる女。男には妻がいるはずだが、この〝あいつ〟をすんなり妻と受け取るには無理がある。男は下宿住いで、休暇に出る前にあいつに手紙を書き、投函せず机の上に置いてきた。やや苦しい設定だが、別居中の妻? あるいは〝あいつ〟が男の知らないうちに勝手に婚姻届けを出していた? 結婚の本質を<未開地の開墾>とする男に対して<手狭になった家の増築>と反論する女は、もはや〝砂の女〟と半分重なっている。失踪→妻の申請→死亡決定という物語の外側の大枠までもが砂でできていて、さらさらと角から崩れていくようだ。

 家のあらゆる隙間から入り込んできて、身体のあらゆる隙間に入り込む砂さながら、この小説世界もまた、踏み入ればずぶずぶと呑まれて底が知れない。砂遊びの地平は広大だ。砂砂砂……じゃりじゃりじゃり……。

T シャツ追悼

f:id:hirokikiko:20180710151423j:plain

f:id:hirokikiko:20180710151235j:plain

 

私が「これもういいかな?」と訊くと、彼は「まだまだぁ〜」と答える。ものを捨てるのが苦手な私は誰かの承認が欲しいのだが、彼はなかなかそいつをくれない。自分の服にも、私の服にも。

 

人生ずっとごちゃごちゃしているから、ミニマリストの本を何冊か読んでみたけど、ほぼなんも役に立たなかった。私とはなんか違う人たちだった。まあ、そりゃ、違うわな。そんな中、唯一、ある種心の支えになったのは、叔母の遺品を整理した人の「その人はその人の持っていた物ではない」的な言葉だった。人は人、物は物、という考え方は、亡くなった人の物を捨てるとき、力になる。

 

さよなら、彼がよく着ていて、もうボロッちくなっているT シャツ。キースはしかも自転車だし、いいとして、君はなぜかこのヘンテコなおじさん(?)を気に入っていたね。ヘンテコなおじさん、さようなら。

 

キースは7月5日、おじさんは7月6日に着て、さようなら、さようなら。

洗濯してぼろ布になって、どこかの汚れを拭き取ります。

 

極夜行 角幡唯介

極夜行

 

 ノンフィクションについて書くという塾の課題です。

 

 

『極夜行』角幡唯介 食べること 食べられること

 

 『極夜行』は探検家、角幡唯介が、太陽の昇らない冬の北極の闇の中を、一頭の犬とともに歩き続ける旅の記録だ。四カ月もの極寒暗黒の旅は人間の精神になにをもたらすのか、旅の果てについに太陽を見たときどうなるのか、筆者自身を被験者とした、ある種の人体実験とも言える。またそれは、地図の空白を埋めるという近代的な拡張の論理に基づく探検の余白がもはやなくなった現代において、現代というシステムそのものを脱するという、新たな探検でもあった。

 四年間をかけた周到な準備の下で決行された旅だったが、出発後わずか十五キロで激しいブリザードの中、進路決定の頼みの綱の六分儀を飛ばされ紛失、以後、地図とコンパスと月と星を頼りに暗闇の中を重い橇を引いて歩き続けるしかなくなる。

 さらに食糧・燃料を備蓄しておいた小屋は白熊に破壊され、食料は食べ尽され、最後の希望のイギリス隊が残した食糧も、やはり白熊に食べられてしまっていた。ドッグフードが尽きればまず犬の死が確実なものとなり、角幡自身の食糧も足りず、ライフルで獲物を仕留めるしか生還の道はなくなった。

 実はこのあたりまで、正直、わたし大の角幡ファンなのになあ……、と微妙な読書が続いていた。まず、本書は角幡の妻が難産の末に長女を出産する場面、そこに立ち会った角幡のさまざまな思いから始まるのだが、出産=体内の闇から光へ=極夜から太陽へという図式をいきなり提示されてしまったようで、種明かし済みの物語世界を進んでいくようなむずむずした感じがつきまとった。最後まで読み進めていけば、それが決して頭で安易に組み立てた図式ではなく、テントごと吹き飛ばされそうな激しいブリザードの中で、死を目の前にして生まれた実感だというのはわかるのだけれど、それならばなおさら、出産場面はそこに盛り込むべきではなかったのか。

 もうひとつの困難はこの暗黒の極地の旅のイメージを立ち上げることだった。本書を読みながら何度も、この人は真っ暗な中を歩いているのだからね、と自分に念を押さなくてはならなかった。なにしろ普通、人は極寒の地の真っ暗闇の中を歩いたりはしないし、北極と言われても、白熊、氷河、犬橇、イヌイット、くらいの絵葉書的な定番イメージしか浮かばない者にとって、角幡の旅する世界を頭の中に構築するのはなかなかに難しい。いつの間にか、平板な絵葉書世界、しかも闇の黒ではなく雪の白にすり替ってしまう。

 そんなむずむずもやもやが一気に吹き飛んだのが、飢餓の接近からだった。角幡は最初、犬の死は絶対に避けなければならないと思う。犬は白熊の接近を知らせる番犬、橇の引き手という役割以上に、孤独な旅を支える精神的なパートナーだったからだ。そこで犬を、自分を救うために、必死で麝香牛などの獲物を捕らえようとするのだが、闇の中、なかなか獲物に出会えない。そして、獲物を追って極夜の奥へ奥へと踏み入るうちに、角幡は一転、犬の肉を食べることを完全に視野に入れるようになる。獲物が取れない以上、犬が死ぬことは避けられず、死んだ犬の肉を食べれば角幡自身は出発地点の村へ戻れるからだ。《犬が将来死ぬことを想定することでわたしは自分が死ぬ恐怖から逃れることができていたのだ》

 逆になにかが起こって角幡が先に死んだ場合、犬は角幡を食べただろうか? 自死したハリウッド女優が何週間も発見されず、密室状態になっていた寝室で女優のペットの小型犬が遺体を食べていた、という話を読んだのは確かケネス・アンガーの『ハリウッド・バビロン』だったと思う。袋に入れられ搬出される遺体の写真に〝ドッグフード〟という、いかにもケネス・アンガー的な悪趣味なキャプションがついていた記憶まであるのに、手元の一、二巻をざっと調べても見つからない。記憶違いだろうか。

 それはさておき、狼の一部が生存に有利と判断して人間の庇護下に入り進化したとされる犬と、極北の過酷な自然環境を生き延びるために犬を必要とする人間の相互依存を突き詰めた果ての《生きることが最上位の徳目である》《むき出しの生と死のモラル》が、餓死を前にした極限状態の中で一気に顕在化する。

《俺はお前をパートナーにする。だがいざというときにはお前のことを食う》

 犬に無用の服を着せて連れ歩く、都会ではもはや見慣れた光景とのなんという落差。そして、本書には書かれていないけれど、犬だって必要に迫られれば飼い主を食うのだ、たぶん。

 結局、帰路で幸運にも往路で見落としていたドッグフードの備蓄を発見し、犬を殺すことにはならなかったが、常に犬のことを考えていた日々、角幡が毎晩寝袋の中で犬を殺めるシーンを想像し、物書きの業でそれを必ず文章化せずにはいられなかったというのも、とても正直で生々しい告白だ。

 さらに、飢餓が迫る以前からなのだが、角幡が脱糞したばかりの便を犬が《待ってましたとばかりに糞にとびつき、じつに旨そうな音をたててむしゃむしゃと貪った》というのも興味深い。東南アジアのどこかの国の田舎のトイレでは、下で豚が待ち構えていて、人間の便が落ちてくるやいなやたいらげる、だから、旅行者は絶対そこでは豚肉を食べない、という話も聞いたことがある。確かに極寒の地ではほかほかと湯気をたてているだけでもう美味しそうに見えるだろうけれど、人間の比ではない嗅覚を持つ犬にとって、あるいは豚にとっても、人糞はそんなに美味なのか?

 その後の旅の中で角幡は自分たちの背後を音もなくついてきている狼に気づく。《狼を撃つことに、私は何の躊躇いも感じなかった。私を殺すチャンスがあったのに、私を殺さなかったこの狼が悪いのだ。そう思った。》ところが、いつもなら獲物に大興奮する犬が何の反応も示さず、肉を与えてもなかなか食べようとしない。そもそも、狼が近づいてきたときにも吠えもしなかったのだ。それは狼と犬の種としての近さゆえかと、角幡は思いをめぐらせる。そして、実際に食べてみると、狼の肉は《味に奥行きがあり、噛むほどに旨みが滲み出してきて、とりわけ背中や首回りなどの柔らかい部位は今まで食べた肉の中で一番というほど極上だった。》では、犬はさておき、なぜ人間は、《狼が増えると麝香牛や馴鹿が少なくなって困る》とぼやく極地の人々は、狼を食べないのか。

 狼を撃つ刹那の角幡の記述。《顔は一見無表情に見えるが、その奥には明らかに複雑な感情がひそんでいた。目は恐ろしく虚無的で、その視線には私の行動をすべて見透かしているのではないかと思われるほどの透徹した鋭さがあった。狼の行動には人間の心をざわつかせる何かがあり、とくに目を見るかぎりでは、この動物には人間とさして変わらない高度な知性が宿っているにちがいないとさえ思えてくる。》狼を食べることは阻むのは、その知的な美しさだろうか。

 たとえば映画『ロード・オブ・ザ・リング』では、グロテスクな異形の生物が善との戦いの中で大量殺戮されていく。あれがもし全部、知的で美しい妖精の風貌、あるいは愛くるしい小動物の風貌だったら、あの大量虐殺を平気で見ていられるだろうか。悪いやつらが殺しても心の傷まない邪悪な風貌であるのは、ある種物語の必然だ。美醜が良心を左右する。では、食べることにおいても、たとえばパンダが、オランウータンが、ものすごく美味だとしたら、人間はそれを食するようになっただろうか。

 極夜の旅の記録を読んで心に下りてきたのは意外にも、人間と動物の相互依存のありよう、人が何を食べ、何を食べないことをどう選んできたのかという、生存の根っこにかかわる疑問だった。

 

 なんでも5回読む師匠の下にありながら、また雑な読みで書いてしまったけれども、正直今回の角幡作品は……。逆に『漂流』などを読み返したくなりました。

ヴァカンスにも体力が必要なのだなあ(回想)

f:id:hirokikiko:20180308090608j:plain

ウミシダに隠れているつもりかな? 可愛い可愛いゼブラバットフィッシュの若魚。幼魚はもっとシマウマっぽいそうですが、わたしはこれくらいが見やすくていいなと。13cmくらいかな。ちなみに成魚になるとただ地味なだけ。

 

やはり故人の霊が見守ってくれているのか(てけてん)お魚は見たいものレアもの満載、文句無しの、さすがはダイブライト(長年お世話になっているバリ島チャンディダサのダイブショップ)でしたが、出発前夜の徹夜疲れが結局最後まで抜けなかったというか、風邪もひいちゃったしなあ。しかも、バリ出発日がニュピ(バリ新年)前夜(な〜んも調べてなかった)で、ニュピにはバリは基本全機能停止となるので、前夜はそれはもうえらいことで、8時間前くらいから空港で過ごすことになって、欧米人は平気で地べたに座るなあと。あ、地べたに寝てる人もいたなあ。

 

教訓 1 : ニュピはちゃんと調べよう。

 いや、ニュピに当たるのはそれはそれで趣があっていいのだけれど、前夜帰国は絶対アカン。ややこしい。ややこしすぎる。

 

教訓 2 : 出発前夜の徹夜はヴァカンスを台無しにする。

 自分はパッキング障害(バッキングにやたらめったら時間がかかるというハンディキャップ©ヒロキ)を抱えているのだと自覚して、準備はもうもう早々に。行きはどうせ飛行機で寝ているだけだから、などと考えない。体力蓄積。

 

教訓 3 : ヴァカンスは100% ピュアヴァカンス 100%

 仕事持っていくとか、みみっちいことをしない。あきらめろ。すべてをヴァカンスに捧げるのじゃ。

 

 いまだにまだ写真の整理もできていない。つか、水中写真を撮るとヴァカンスの忙しさ300%増し。やれやれ。

 

 や〜もう整理なんかしなくていいんだよ。ただ、だらだらするのだよ。だってヴァカンスなんだから。脳みそのしわを伸ばせ。反省もしちゃダメ。

 

 さて、こんな私は来年またヴァカンスに行けるのでせうか。

 神のみぞ知る。

 

暴走ヴァカンス in Bali no.1 ヴァカンス出だしは疲れてますの巻  2018.3.5〜7

f:id:hirokikiko:20180307231752j:image

おとぼけ顔が♡ リングアイ・ジョーフィッシュ。この写真が撮れただけでカメラ持ってきた甲斐があった!

 

 ヴァカンス行ってる場合ですか? な私ですけど、NO VACANCE NO LIFE ! 

行ってやりますとも。這ってでも。しかし……

 

1. ヴァカンス前日なんだかなあ

 さしたる用もなく、仕事も早めに終わった前日。当日の朝は早いし、バタバタして忘れ物とかするのはイヤ 、だから準備はほぼ完璧に + なるべく家にある食材を消費する、だけのミッションで、なんでほぼ徹夜になってしまうのだ私。どんくさい、どんくさい、どんくさい……

 

2.出発

f:id:hirokikiko:20180307232542j:image

機内ではランチのカートがやってきたところで隣席の方が突然「トイレに行きたいので通してください」と言い出す、史上最悪のタイミング事件があったものの、それ以外はすべて順調で無事懐かしい宿に到着したのでした。

 f:id:hirokikiko:20180308223831j:image

いつもの席で、あの人も一緒。

 

3. ヴァカンスのはじまり、は忙しい、あたふた、こんなはずじゃなかった〜、いや、いつもそうか?

 

ヴァカンス始まります。つか、ほぼダイヴィング合宿なので、朝起きると水着を着ます。初日は7時50分宿前ピックアップ。徹夜疲れは残っとります。体調悪い、ポイントへ向かう車で酔う。でも、海に入れば元気。

 

f:id:hirokikiko:20180306102313j:plain

イソギンチャクの中の蟹は2cmくらい

 

f:id:hirokikiko:20180306131321j:plain

石みたいですけど、コブシメです。目つきは厳しい。15cmくらい。

 

f:id:hirokikiko:20180307121655j:plain

 トランペットフィッシュに乗っかられてるフグ。

 

f:id:hirokikiko:20180307120315j:plain

ダイヴィングらしい(笑)光景

 

f:id:hirokikiko:20180307120630j:plain

魚、魚、魚 〜

 

f:id:hirokikiko:20180306104946j:plain

貝の口の柄が好き♡ これはね、20cmくらいあります。

 

f:id:hirokikiko:20180307120046j:plain

画面中央の穴から顔を出している方ですよ〜。頭の大きさ1cm くらい。黒い目の回りに白い輪っか。リングアイジョーフィツシュ。この写真が撮れただけでも、カメラを持ってきた甲斐があるってもんだい。と思っていたら……。

 

帰りの車でも寝てるけど、夕ご飯食べたらもう眠い。イチオー持ってきてます、仕事とか、塾の課題とか、割り込む隙なし!

そんなこんなで過ぎ行く日々。

まだ少し疲れてるけど、目下 100% ヴァカンス!