読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タコカバウータン

えらそうなことを言っていても気が小さいです。褒められて伸びるタイプです。

ティム・バートンの世界

f:id:hirokikiko:20141031110306j:plain

行ってきました〜行かずにどうするティム・バートン

f:id:hirokikiko:20141226183042j:plain

バルーンが入り口でお出迎え。

バールーンなのに継ぎはぎだらけ。

このステッチと目がいっぱいは、バートン・パターンのひとつですね。

あとはもち渦巻、あとは入れ子。口の中から口の中から口の中から口パターン。

会場は写真撮影禁止ですが、↓


六本木で「ティム・バートンの世界」展 - 約500作品が日本初上陸、大阪にも巡回 | ニュース - ファッションプレス

でかなり詳しく会場内のようすがわかります。

図録に載っていないものもあったりして貴重。

 

あと映像もかなりいろいろあって(だから正直ちょと疲れます)

いちばんびっくりしたのはあの

オール東洋人キャストによる『ヘンゼルとグレーテル』が観られたこと!

これでついにティム・バートン全作品制覇じゃないかっ。

なので仕切りが悪い、空間の作り方もまずい、34分間立ち見

に耐えて外でお姉さんが呼び込みをする声に邪魔されつつ

観ましたがな。

ま、そんなにおもしろくはないのだけど。

なんでオール東洋人キャストなんでしょうねえ。

変な人です、ティム・バートン

ま、それは全世界が思っていることでしょうけれども。

ちなみに字幕はないけどネットでも観られます。↓


Tim Burton's "Hansel and Gretel" (1982) - YouTube

ほな、ネットでもよかったやん……まあ……

チープだけど、変な日本趣味だけど、バートン・テイストはくっきり。

 

動画でいちばんおもしろかったのは

昔ネットで公開されていて毎回楽しみにしていた『ステイン・ボーイ』

これサイコー!


Tim Burton's Stainboy: Episode 1 - YouTube

 

異形とビョーキと不健康と残酷が渦巻く、まさにティム・バートン・ワールド。

村岡花子は割烹着姿で目を吊り上げ、

悲鳴を上げながら消毒液を噴霧することでしょう。

(次回予告 村岡花子の孫と田辺聖子の悪口)

 

ビバ! 異形とビョーキと不健康と残酷と渦巻き!

 

展示は予想以上のおもしろさでしたが

グッズは予想ほどでもなかった……。

売り切れ品もけっこう。

とか言いつつそこそこ買っちゃってます。

 

f:id:hirokikiko:20141227130036j:plain

我が家はクリア・ファイル長者。

家には素敵なクリア・ファイルがいっぱいさ。

右下はローソンでチケットを買ったらば会場で引き換えてくれる入場券。

紙質もよくて美しいです。

ピン・バッチはステイン・ボーイとステア・ガール

図録はチケットとセットで100円お得。

渦巻乳姉さんは、我が家君がこの缶が欲しいっと。

中はコーラ味の渦巻キャンディーです。

コーラ味、ティム・バートンですね。

 

グッズに満腹した我が家は

逃げるように六本木をあとに。

嫌いっつうか、興味ないもん六本木。

ま、時間も遅かったけれど

こういうのもやっているそうです。↓

f:id:hirokikiko:20141227143130j:plain

コラボのスイーツ?

全部見事にまずそうなのが、さすがバートン。

これで健康にも悪いと◎